NFTアートとは?スマホのアプリでの作り方や販売する方法を解説

最近ブームが来ているNFTアートですが、スマホやタブレットだけでお手軽に作って出品する事ができると嬉しいですよね。

Twitterのアイコンをドット絵のNFTアートにしている人も増えてきています。

今回はNFTアートの意味や、NFTアートをスマホのアプリで作って販売する方法を解説していきます。

「そもそもNFTが何かわからない!」という方は、NFTまとめたNFTとは?始め方や特徴、仮想通貨との関係をわかりやすく解説の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
NFTとは?始め方や仕組み、仮想通貨との関係をわかりやすく解説 NFTの仕組みや特徴、仮想通貨との関係をわかりやすく解説していきます。 【NFTとは?】 https://youtu.be/RhJ7_dcwDpM NFT(Non Fungible Token)とは、非代替性トーク...

NFTとメタバースの関係についてもメタバースとは?NFTや仮想通貨との違いや関係について解説の記事でまとめていますので、よければ参考にしてください。

あわせて読みたい
メタバースとは?NFTや仮想通貨との違いや関係をわかりやすく解説 メタバースとNFTの違いや関係性について解説します。 【メタバースとは?】 https://youtu.be/4WaOfTkOh3U メタバースとは、インターネット上に存在する3次元の仮想空間...
目次

NFTアートとは?

NFTアートとは、デジタルアートをNFT化する事で唯一性を持たせる事で複製する事をできなくしたNFT作品です。

デジタルアートをNFT化してNFTアートにする事で、複製ができなくなるため、価値がつきやすいデジタルアートになります。

デジタルデータについてはデジタルアートとは?NFTアートとの関係や作り方、売り方や買い方を解説の記事にまとめているので、よければ参考にしてください。

あわせて読みたい
デジタルアートとは?NFTアートとの関係や作り方、売り方や買い方を解説 デジタルアートの意味やNFTアートとの関係、作り方や売り方・買い方について解説します。 「そもそもNFTの意味がわからない」という方はNFTについてまとめた記事がある...

NFTアートを作れる無料アプリ

NFTアートを作れるアプリは以下のものがあります。

  • IbisPaint
  • 8bit painter
  • pixelable

順番に見ていきましょう。

IbisPaint|【イラスト】

IbisPaintを使うと無料でNFTのイラストを描く事ができます。

操作はシンプルで使いやすいですが、イラストを自分で描いていく形になるので「絵に自信があってNFTアートに挑戦してみたい」という人におすすめです。

8bit painter|【ドット絵】

8bit painterを使うと無料で高質なドット絵を作る事ができます。

ドット絵は絵が苦手でも描く事ができるため、「NFTアートに挑戦してみたいけど絵を描くのが苦手」という人はまずドット絵から始めてみる事がおすすめです。

また、NFTアートにはドット絵が多いです。

NFTアートにドット絵が多い理由についてもNFTアートにドット絵が多い理由|作り方や売れる理由を解説します。の記事で解説していますので、参考にしてください。

あわせて読みたい
NFTアートにドット絵が多い理由|作り方や売れる理由を解説します。 NFTアートにドット絵が多い理由と、ドット絵のNFTアートの作り方や、ドット絵のNFTアートが売れる理由を解説します。 「NFTの意味自体がよくわからない!」という方はNF...

pixelable|【動くドット絵】

pixelableを使うと、動くドット絵を作る事ができます。

動くドット絵は二次創作のため、ダイナミズムのある作品を作る事ができます。

NFTアートを作れるアプリ|【写真を加工して作る場合】

NFTアートは写真を加工して作る事もできます。

Canva



Canvaはテンプレートが豊富な写真加工アプリです。

Canvaは無料版でも十分使えますが、Canva Proを使うと誰でも簡単にプロのようなデザインをする事が可能になります。

Canva Proの公式サイトはこちら

写真をNFT化して販売する方法は写真をNFT化して販売する方法や始め方をわかりやすく解説しますの記事にまとめてあります。ので、参考にしてみてください。

あわせて読みたい
写真をNFT化して販売する方法や始め方をわかりやすく解説します 写真をNFT化して販売する方法や始め方を解説します。 「そもそもNFT自体の意味がわからない!」という方は以下NFTとは?始め方や特徴、仮想通貨との関係をわかりやすく...

NFTアートを出品する方法

NFTアートを出品するためには大きく分けて5ステップあります。

  1. Coincheck(コインチェック)の口座開設
  2. 仮想通貨イーサリアム(ETH)を購入
  3. ウォレットを作成する
  4. 仮想通貨をウォレットに入金
  5. NFTマーケットプレイスに登録

順番に見ていきましょう。

NFTアートを出品するためには、仮想通貨が必要になります。仮想通貨とNFTの関係については仮想通貨とは?買い方やおすすめの取引所、NFTとの関係を解説の記事でまとめているので、よければ参考にしてください。

あわせて読みたい
仮想通貨とは?買い方やおすすめの取引所、NFTとの関係を解説 仮想通貨とNFTの関係や仮想通貨の買い方、おすすめの取引所について解説します。 【仮想通貨とは?】 仮想通貨とは、ブロックチェーン技術が搭載されたインターネット上...

①Coincheck(コインチェック)の口座開設

コインチェック

NFTアートを出品するためにはCoincheck(コインチェック)という仮想通貨取引所の口座開設が必要になります。

Coincheck(コインチェック)は国内大手の仮想通貨取引所で、Coincheck NFTというNFTマーケットプレイスも展開しているため、NFTと親和性の高い仮想通貨取引所です。

②仮想通貨イーサリアム(ETH)を購入

NFTアートでは仮想通貨イーサリアム(ETH)を使います。

そのため、仮想通貨取引所でイーサリアム(ETH)を購入します。

NFTにイーサリアム(ETH)が必要な理由はNFTにイーサリアム(ETH)が必要な理由をわかりやすく解説の記事にまとめています。

あわせて読みたい
NFTにイーサリアム(ETH)が必要な理由をわかりやすく解説 NFTにイーサリアム(ETH)が必要な理由をわかりやすく解説します。 【NFTとは?】 NFTとは、デジタルデータに唯一性を持たせる事でデジタルデータの複製を不可能にする...

③ウォレットを作成する

続いてMetaMask(メタマスク)というウォレット(仮想通貨を入れておくお財布)を作成します。

メタマスクについてはMetaMask(メタマスク)とは?始め方や使い方、NFTとの関係の記事でまとめています。

あわせて読みたい
MetaMask(メタマスク)とは?始め方や使い方、NFTとの関係 MetaMask(メタマスク)の始め方や使い方NFTとの関係について解説します。 NFTについては以下NFTとは?始め方や特徴、仮想通貨との関係をわかりやすく解説の記事でまと...

④仮想通貨をウォレットに入金

仮想通貨イーサリアム(ETH)をウォレットに入金します。

⑤NFTマーケットプレイスに登録

NFTアートを出品するためには、NFTマーケットプレイスというマーケットサイトに登録する必要があります。

NFTマーケットプレイスとは?国内や海外のおすすめランキング

あわせて読みたい
NFTマーケットプレイスとは?国内や海外のおすすめランキング NFTマーケットプレイスの意味と国内や海外のおすすめランキングを解説します。 NFTの意味についてはNFTとは?始め方や特徴、仮想通貨との関係をわかりやすく解説の記事...

OpenSea(オープンシー)

世界最大のNFTマーケットプレイスはOpenSea(オープンシー)です。

OpenSea(オープンシー)の始め方や使い方を解説します【NFT】

あわせて読みたい
OpenSea(オープンシー)の始め方や使い方を解説します【NFT】 世界最大のNFTマーケットプレイス、OpenSea(オープンシー)でNFTを出品する方法を解説します。 【NFTとは?】 NFTとは、非代替性トークンの事でデジタルデータに唯一性...

cryptomall(クリプトモール)



クリプトモールは「デジタルNFT」と「アナログNFT」が融合した世界初の「ハイブリッドNFTマーケットプレイス」です。

クリプトモールの強みは本物の商品しか販売する事ができない「鑑定証明システム」という特許を取得している点です。

cryptomall(クリプトモール)の公式サイトはこちら

「NFTの作品を作るのはいいけど、出品は面倒」という方向けにNFTの面倒な出品だけを代行して行う、NFT出品代行サービスもあります。

NFT出品代行サービスとは?特徴やおすすめプラットフォーム2選

あわせて読みたい
NFT出品代行サービスとは?特徴やおすすめプラットフォーム2選 NFT出品代行サービスの特徴やおすすめプラットフォームを紹介します。 「そもそもNFTの意味がわからない」という方はNFTについてまとめている以下NFTとは?始め方や特徴...

NFTアートを販売する方法

NFTアートの出品はスマホからでも可能ですが、出品する前の準備として、「仮想通貨ウォレット」と「イーサリアム(ETH)」という仮想通貨の2つが必要になります。

NFTアートは出品や売買がされる度にクリエイターに継続的にロイヤリティが発生する仕組みがあるため、不労所得を作りたい方の副業にも向いています。

NFTの二次流通については以下のコンテンツでまとめています。

あわせて読みたい
NFTの二次流通とは?ロイヤリティやOpenSeaでの設定方法を解説 NFTの二次流通の意味や、ロイヤリティ、OpenSea(オープンシー)での手数料について解説します。 NFTの始め方については以下のコンテンツで解説しています。 https://nf...

また、NFTアートが売れない場合の対処法や売るための条件はNFTアートが売れない理由と対処法や売るための条件を解説します。の記事にまとめてあります。

あわせて読みたい
NFTアートが売れない理由と対処法や売るための条件を解説します。 NFTアートが売れない理由と対処法や売るための対処法を解説していきます。 「そもそもNFTの意味がわからない」という方はNFTについてまとめている以下NFTとは?始め方や...

仮想通貨ウォレットを準備

イーサリアム(ETH)という仮想通貨の置き場としてMetaMask(メタマスク)という仮想通貨ウォレット(仮想通貨のお財布)が必要になります。

イーサリアム(ETH)【仮想通貨】を準備

NFTアートを販売する場合、NFTアートの販売手数料を支払う際にイーサリアム(ETH)という仮想通貨が必要になります。

イーサリアム(ETH)は仮想通貨の中でもビットコイン(BTC)に次ぐ時価総額2位のメジャーな仮想通貨のため、どこの取引所でも気軽に購入する事ができます。

販売手数料について

NFTアートを販売する場合、販売手数料がかかります。

NFT関連のおすすめ本

NFTについてわかりやすく解説している本についてNFTについてわかりやすく解説している初心者向けのおすすめ本5選の記事で紹介しています。

あわせて読みたい
NFTについてわかりやすく解説している初心者向けのおすすめ本5選 NFTについてわかりやすく解説している初心者向けのおすすめ本を紹介していきます。 【NFTとは?】 NFTとは、非代替性トークンの事で、デジタルデータに唯一性を持たせる...

Twitterのアイコンにも

TwitterのアイコンにNFTアートを採用している人も増えてきています。

Twitterでよく見るNFTアイコンについてはTwitterでよく見るNFTアイコンとは?特徴や作り方を解説の記事にまとめているので、よければ参考にしてください。

あわせて読みたい
Twitterでよく見るNFTアイコンとは?特徴や作り方を解説 Twitterでよく見かけるようになったNFTアイコンの作成代行や作り方について解説していきます。 「そもそもNFTの意味がわからない」という方にNFTについてまとめているNF...

NFT特化型美術館でも展示されている

最近では徳島県にNFT特化型美術館も誕生したようでふ。

NFT鳴門美術館というNFTの特化型美術館でもNFTアートの作品が展示されています。

あわせて読みたい
NFT鳴門美術館とは?特徴やメタバースとの関係について解説 NFT鳴門美術館の特徴やメタバースとの関係について解説します。 NFTの始め方については以下の記事でまとめています。 https://nftaiken.com/2022/06/16/nft%e3%81%a8%e3...

NFTアートに関するQ&A

税金はかかりますか?

NFTアートの販売で利益が出た場合、雑所得として課税されます。

NFTの販売によって年間で20万円を超える利益が出た場合、確定申告が必要になります。

未成年でも出品できますか?

未成年でも問題なく出品できます。

まとめ

NFTアートはスマホだけで使ってスマホだけで販売ができる、「スマホだけで完結する副業」です。

スマホやタブレットだけで完結するならお手軽なので、趣味で挑戦してみたい方はもちろんの事、手軽にできる副業を探している人も挑戦してみる価値が高いと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (18件)

コメントする

目次
閉じる